わかりやすい格安SIM入門

SIMロック解除の方法 – docomo・au・SoftBankの場合

2018/12/26

SIMロック解除の方法

スマホは今や生活必需品。毎日Webニュースを見たりメールをしたり、大活躍ですよね! スマホの中に入っていて、通信をするために必要な「SIMカード」、これを取り巻く環境が少しずつ変わってきています。

SIMロック解除とは?

SIMカードは小さなICカード。ここには電話番号など契約内容がすべてが入っています。どんなスマホにも必ずセットされている大事なカードです。

大手キャリア(大手の携帯電話会社)のスマホには、SIMロックという利用制限がかけられていました。「大手キャリアのスマホは、その会社のSIMカードしか使えない」というものです。抜き差しできるカードでありながら、これでは端末と切り離して扱うことはできません。

スマホ選択の自由度がUPする

この結びつきを外して自由に他社のSIMカードを使える状態にしよう…というのがSIMロック解除です。端末と通信サービスをセットでしか購入できなかったものが、これからは好きな端末・好きな通信サービスを組み合わせて選ベるようになります。

そのSIMロック解除ですが、思い立ったらパッと自分でできる、というわけではなさそうです。一体、どうやっておこなうのでしょうか。

SIMロック解除とは?メリット・デメリットなど

SIMロック解除の方法

SIMロック解除をするには条件があります。キャリアごとに見てみましょう。

【docomoの場合】

docomoでは、機種の発売時期によって条件と方法が変わります。条件を一口で言うと、以下のようになります。

  • 2015年5月以降の機種を分割払いした場合、購入100日後から
  • 2015年5月以降の機種を一括購入した場合、即日OK
  • 2011年4月~2015年4月の機種は、条件なし

docomoから格安SIMに乗り換える場合

ちなみに、docomoの端末を持っていて格安SIMを使いたい、と言う場合はSIMロック解除をしなくてもよい場合がほとんどです。これは、格安SIMのサービスがdocomoの回線を使っていることが多いから。docomo系の格安SIMかどうか、改めて確認してみてください。

それでは条件と手続き方法の詳細をチェックしましょう。

●解除の条件

2015年5月以降に発売された機種の場合

5つの条件があります。

  1. ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと
  2. 利用料金の支払実績が確認できること
  3. 契約者本人の購入履歴がある機種であること
  4. 購入日から100日経過した機種であること
  5. 既に解約済の場合、解約日から100日経過していないこと

各種ロックはネットワーク利用制限携帯電話確認サイトより、ネットワーク利用制限の対象電話機であるかを確認できます。
また、以下の場合は100日を経過していない場合でも即時にSIMロック解除の手続きが可能です。

  • 当該回線のSIMロック解除を過去に行っていて、それから100日経過している場合
  • 当該機種を一括払いで購入、または分割払いで購入し、その分割支払金/分割払金の精算をした場合(いずれも端末購入サポートを利用している場合は、端末購入サポートの解除料を支払うことが必要です)

いずれも回線契約期間中に受付したSIMロック解除が対象です。

2011年4月~2015年4月に発売された機種の場合

上記条件は適用されません。中古品でもSIMロック解除が可能です。

●解除の方法

2015年5月以降に発売された機種の手続き

  • My docomoで(PC) 手数料無料
    ログイン後、ドコモオンライン手続きで申し込み。「もっと見る」→「その他」内「SIMロック解除」の「お手続きへ」で解除できます。
  • 電話で 手数料3000円
    ドコモの携帯電話からは局番なしの「151」(無料)から申し込み可能です。
  • ドコモショップで  手数料3000円
    解約済みの場合はドコモショップのみの受付です。

2011年4月~2015年4月に発売された機種の手続き

  • ドコモショップで ・手数料3,000円
    ドコモショップのみの受付です。

【auの場合】

auでは、今までSIMロック解除をしていなかったため、かえって条件があっさりしています。
一口で言うと、このようになっています。

  • 2015年5月以降の機種
  • 購入後180日経ってから

詳しく見てみましょう。

●解除の条件

以下の条件をすべて満たすau携帯電話が対象です。

  1. 2015年5月以降に新たにauで発売されたSIMロック解除機能対応のスマートフォン/タブレット/Wi-Fiルーターなどであること
  2. 機種購入日から181日目以降であること
    ※購入日当日を「1日目」とします。
    ※上記の条件を満たしている場合でも、故障がある場合は修理完了後の手続きとなります。
  3. ネットワーク利用制限中のau携帯電話でないこと
    ※auは公式サイト内で「SIMロック解除の可否判定」ができます。

●解除の方法

  • パソコン・スマートフォンで 手数料無料
    au携帯電話がSIMロック解除可能かどうかを確認し、手続きをおこないます。
    契約中のau契約で購入履歴が確認できる機種のみ手続き可能です。
  • auショップで 手数料3,000円
    解約済みの場合はauショップのみの受付です

【SoftBankの場合】

SoftBankは、2017年8月1日(火)から条件が緩和されました。

まとめると

  • 2015年5月以降の機種を分割払いで購入した場合、購入100日後から
  • 2017年12月以降に一括購入した場合は、即日OK

となります。詳細も確認してみましょう。

●解除の条件

対象と受付条件

対象 変更後の受付条件 変更実施日
分割払いで機種を購入 ※1 機種購入日から101日目以降より手続きが可能 ※2 2017年8月1日(火)
一括払いで機種を購入 ※1※3 一括払いの支払確認後より手続きが可能 2017年12月1日(金)

回線契約を解約済みの方は解約後90日以内の場合、SIMロック解除の手続きが可能です。
ただし、分割支払いで機種をご購入した場合は、機種購入日から101日以上経過している必要があります。

※1 契約者本人の購入履歴がある場合のみ。
※2 過去に対象回線でSIMロック解除を行ったことがあり、かつ前回のSIMロック解除受付日から101日目以降である場合は、機種購入日から100日以内の場合でもSIMロック解除の手続きが可能です。
※3 機種代金の分割払いの残債を全て精算された場合、支払いを確認できるまでの間は手続きが行えません。また、機種代金を一括払いされた場合であっても、一括購入割引など(購入機種の継続利用および適用条件の継続契約を条件として、毎月の合計金額を割り引くサービス)が適用されている機種については、機種購入日から100日以内の場合はSIMロック解除の手続きが行えません。

中古品のSIMロック解除は不可

解約済み機種のSIMロック解除の手続きは契約していた本人のみ可能です。 中古品のSIMロック解除はできません。

●解除の方法

2015年5月以降に発売されたSIMロック解除機能を搭載した製品

  • My SoftBankで  手数料無料
    My SoftBankにログインして「契約・オプション管理」> 「SIMロック解除対象機種の手続き」から手続きします。
    一部機種によっては対応できない場合があります。
    SIMロック解除を行う製品をSoftBankから購入し、現在利用中の方に限り可能です(利用料金を滞納中の場合は受付できません)。
    利用予定のSoftBank以外のSIMカードが必要です(SoftBankのSIMカードしかない場合、My SoftBankでは解除できません)。
  • SoftBankショップで  手数料3,000円

2015年4月までに発売されたSIMロック解除機能を搭載した製品

  • SoftBankショップにて受付  手数料3,000円

手続き完了後に解除する場合、自分でSIMロック解除を行います。解約済みの場合はSoftBankショップのみの受付です。

まとめ

これからの自由なスマホ選びのために、知っておきたいSIMロック解除。解除の条件はキャリア三社でそれぞれ違いがあります。手元の端末がどの条件に合うか、確認が必要ですね。条件は少しずつゆるくなる傾向があるので、今後はもっとトライしやすくなるのではないでしょうか。

時期をみて契約!キャンペーンが頻繁な格安SIMまとめ

 
LINEモバイル

おすすめの格安SIM

格安SIMの契約まで

申込から利用までの流れ

格安SIMの基本

用途・特徴別で探す

格安SIMの体験記

IIJmio

PAGE TOP