わかりやすい格安SIM入門

イオンモバイル – ショッピングモール「イオン」提供の格安SIM

2018/12/25

イオンモバイル

イオンモバイルは、ショッピングモールでおなじみのイオンが提供している格安SIMサービスです。29種類もの料金プランがあり、ライトユーザーからヘビーユーザーまで満足できるプランが見つかります。docomoの回線とau回線を利用した格安SIMで、料金も安く、評判の良い格安SIMです。

最大5枚までSIMカードを使えるシェアプランもあり、家族で使う場合もおすすめできます。通話のかけ放題オプションや高速通信の切り替え、データの翌月繰り越しなど便利なサービスが一通りそろっています。

最低契約期間や違約金がない珍しい格安SIMなので、お試しで「格安SIMを使ってみたい」という場合にも良いのではないでしょうか。

イオンモバイル(公式サイト)

イオンモバイルの特徴

  • 料金プランは29種類・業界最安値レベル
  • 最大5枚まで使える「シェア音声プラン」
  • 電話はいつでも料金半額「イオンでんわ」
  • 「10分かけ放題」10分以内なら何度でもかけ放題
  • 最低契約期間も違約金もない
  • イオンスマホ安心保証なら故障しても新品交換

イオンモバイルの料金プラン

イオンモバイルの料金プランは大きく分けて3種類あります。

  • 通話もOK・基本がそろった「音声プラン」
  • データ通信だけ楽しみたいなら「データSIMプラン」
  • 家族で契約するなら「シェアプラン」
音声 データ シェア音声
500MBプラン 1,130円
1GBプラン 1,280円 480円
2GBプラン 1,380円 780円
4GBプラン 1,580円 980円 1,780円
6GBプラン 1,980円 1,480円 2,280円
8GBプラン 2,680円 1,980円 2,980円
12GBプラン 3,280円 2,680円 3,580円
20GBプラン 4,680円 3,980円 4,980円
30GBプラン 6,080円 5,380円 6,380円
40GBプラン 7,980円 7,480円 8,280円
50GBプラン 10,800円 10,300円 11,100円

価格は月額・税抜表示

「データSIMプラン」では、プラス140円/月でSMSも利用できます。
SMSとは、SMS(ショートメッセージサービス)のことで、電話番号を宛先に指定し、短いテキストメッセージを送受信できるサービスです。LINEなどのサービスでは、SMS認証によって本人確認が可能になります。

料金プランは29種類・業界最安値レベル

イオンモバイルの一番の特徴は、500MBから50GBまで選べる幅の広いプラン。全29種類のプランが設定されています。どんな人でも、使い方に合ったプランが見つかることでしょう。プランが多いと内容がややこしくなりがちですが、イオンモバイルはわかりやすくて助かります。

小さいプランから見ると、500MBや1GBのプランがあります。「スマホはLINEやメールをするくらい」「インターネットはほとんど使わない」「外出先であまり使わない」という方向けのプランです。

他の格安simではなかなか見かけない大容量プラン、30GB、40GB、50GBも用意されています。いずれのプランも、格安simの中では比較的安い料金設定。ライトユーザーにもヘビーユーザーにも歓迎されています。

通信容量のプラン変更が自分でできる

料金プランの変更も可能です。「1GBプランから2GBプランへ」というようなデータ通信容量の変更は、マイページから自分で行うことができます。ただし、音声プランからデータプランなど、種別をまたぐプラン変更はできないので注意しましょう。

最大5枚まで使える「シェア音声プラン」

シェアプランとは複数枚での格安SIMのためのプランです。最大5枚までのSIMカードを利用できます。

シェア音声プラン

プラン名 月額料金
4GBプラン 1,780円
6GBプラン 2,280円
8GBプラン 2,980円
12GBプラン 3,280円
20GBプラン 3,580円
30GBプラン 6,380円
40GBプラン 8,280円
50GBプラン 11,100円

価格は税抜表示

「シェア音声プラン」と銘打っているように、このプランは音声通話SIM・1枚に、追加のSIM(データ通信・音声通話)をプラスするスタイルになっています。

たとえば、12GBのプランを家族3人で申し込んだとしましょう。「お父さんは3GB、お母さんが2GB、子供は7GB」…12GBをメンバーでどんな風に配分してもOK。余ったデータ容量は翌月に繰り越すことができるので、無駄がないですね。

家族や恋人など、複数メンバーで格安SIMへ乗り換えようと考えている時・スマホとタブレットなど、複数台の端末を使いたい時に便利なプランです。

プランの選択はシミュレーションで確認しよう

シェアプランで音声SIMを追加する場合は、音声通話付帯料として1枚につき月額料金700円が必要となります。また、データSIM・音声SIMともに4枚目以降(追加の3枚目以降)は、SIM利用料として1枚につき月額料金200円が加算されます。こうなってくると、ちょっと料金の把握が難しくなりますね。

どんな契約がベストか迷う場合は、公式サイトの簡単料金シミュレーションをチェックしましょう。プラスで必要となる料金なども計算してくれます。

なお「シェア音声プラン」はネットで申し込みができません。商品即日お渡しを行っているイオンの店舗での申し込み限定です。

電話はいつでも料金半額「イオンでんわ」

「イオンでんわ」は、電話番号そのままで通話料が半額になるお得なサービスです。20円/30秒の電話料金が、一律10円/30秒になります。料金はかかりません。

今使っている電話番号をそのまま使える上、IP電話と違い電話回線を利用しているため、音質も通常の音声通話と変わらず快適です。使い方は「イオンでんわ」のアプリをインストールして、そこから電話をかけるだけ。簡単ですね。

また、国際電話にも対応しています。アプリから「国番号+相手先電話番号」を入力するだけで海外への通話が可能です。32ヵ国・一律10円/30秒(非課税)です。

「イオンでんわ」のアプリは、110・119等の緊急電話など一部発信できない電話番号があります。こういった電話先には、スマートフォンにもともと入っている通常の電話アプリから発信をしましょう。

「10分かけ放題」10分以内なら何度でもかけ放題

1回10分以内の国内通話であれば、月額850円(税抜)で何度でも通話できるオプションです。国内通話であれば、相手が固定電話でも携帯電話でも、10分かけ放題が可能。こちらも電話番号はそのまま、電話回線を使うので音質も良好です。

国際電話は10分かけ放題の対象外となるので注意しましょう。

24時間国内どこでもかけ放題「050かけ放題」オプションも

「050かけ放題」オプションはIP電話の定額かけ放題サービスです。月額1,500円以外の通話料は発生しません。国内の一般加入電話・携帯電話・PHS・IP電話の相手先にかけ放題になります。24時間・連続通話で最大300分間、通話し放題です。

IP電話はインターネット回線を使用したサービスで、新たに050電話番号が追加で利用できます。仕事とプライベートの使い分けも可能です。

データ通信プランでも電話ができる

「050かけ放題」オプションはインターネット回線による通話サービスなので、データ通信のみのプランでも利用できます。音声SIMでなくても電話ができるのですね。Wi-Fi環境でも使えるので、携帯電話の電波が入りにくい場合でも大丈夫です。

家族でかけ放題をシェアできる

イオンモバイルの専用アプリをダウンロードして使うようになっていますが、イオンモバイルの会員になっていない家族でもダウンロードできます。つまり、大手キャリア(docomo、au、SoftBank)の家族でも使えるのです。

IDがひとつなので番号もひとつ。家族で共有して使う発信専用番号ということになります。かけ放題をシェアできるというのはあまり聞いたことがありません。

IP電話は声が途切れたり、ライムラグがあったりとマイナス面はありますが、使い方によっては大きなメリットがあるのではないでしょうか。

最低契約期間も違約金もない

イオンモバイルには、最低契約期間や違約金がありません。契約後、一定の期間は利用し続けないと解約時に違約金がかかるという最低契約期間は、大手キャリアのスマホをお使いの方ならご存知でしょう。格安SIMでも、最低契約期間を設定しているところが多数派です。

イオンモバイルはいつでも解約金を払わずに契約を解除できます。音声通話のプランでも最低契約期間がないのは画期的かもしれません。「格安SIMにトライしてみたけど、思ったより使い勝手が悪かったからやっぱりよそう」という場合も、迷うことなく解約することができます。

高速通信の切り替えや、データ通信容量の繰り越しも可能

イオンモバイルでは、高速通信と低速通信を専用アプリで切り替えることができます。低速通信はデータ通信の容量を使わないので、通信量の節約に貢献しますね。

LINEやメールをしたり、画像が少なめのWebページを見たり、ネットラジオを聴いたりするくらいなら、低速時(200kbps)でも大丈夫でしょう。「スマホで映画でも見ようかな」「ビデオ通話をしよう」というような場合に、高速通信に切り替えればよいのです。

データ通信料の繰り越しも

イオンモバイルは、すべてのプランで余った高速通信容量は翌月に繰り越されます。特に必要な手続きなどはなく、繰り越しは自動。毎月繰り越しが発生しているようであれば、容量の見直しを検討した方がいいでしょうね。

イオンスマホ安心保証なら、故障しても新品と交換

イオンスマホ安心保証は、イオンスマホとして発売されている指定端末のためのオプションです。月額350円(一部の端末は月額450円)で、イオンのスマホとイオンモバイルの格安SIMをセットで購入した場合にのみ申し込めます。

このオプションの特徴は、スマホが故障してしまっても新品と交換してもらえること。破損や水濡れによる故障の場合は修理ではなく、新しい端末と交換してもらえます。新品が届くのはうれしいですね。

安心保証オプションは、契約時、または契約後14日以内しか加入できないので注意してください。

格安SIMデビューにぴったり

プランが細やかに設定されていて、しかも安い。近くのイオンでサポートも受けられる。最低利用期間がなくて、すぐにやめても違約金がいらない。…イオンモバイルは、格安SIMビギナーに優しいブランドと言えます。スマホデビューという方にもいいかもしれません。

まとめ

大手ショッピングセンターのイオンが手がけるイオンモバイルは、豊富なプランと低料金で人気の格安SIMです。29種類ものきめ細やかなプラン、家族で申し込めるシェアプランなど誰にでもぴったりのプランがあることでしょう。

電話がお得になるサービスも充実しています。いつでも料金が半額になる「イオンでんわ」「10分かけ放題」があります。IP電話の「050かけ放題」はかけ放題をシェアして使うこともできるオプションです。

最低契約期間の縛りもなく、違約金もありません。安心保証も万全です。「格安SIMに初挑戦」「スマホデビュー」の方にもおすすめできるブランドでしょう。気軽に、そして安心して使える格安SIM、それがイオンモバイルなのではないでしょうか。

イオンモバイル(公式サイト)

 
LINEモバイル

おすすめの格安SIM

格安SIMの契約まで

申込から利用までの流れ

格安SIMの基本

用途・特徴別で探す

格安SIMの体験記

IIJmio

PAGE TOP