わかりやすい格安SIM入門

LIBMO(リブモ) – TOKAIコミュニケーションズのMVNO

2019/6/24

LIBMO

LIBMOはdocomo回線を利用する格安SIMであり、通話かけ放題や家族で使えるデータシェアプランなどのオプションが多数用意されています。初心者にも優しい格安SIMです。

LIBMO(公式サイト)

LIBMOの特徴

LIBMOを運営するTOKAIコミュニケーションズは、東海地方で高いシェアを誇るインターネットプロバイダです。通信品質も比較的安定しています。

  • docomo回線利用の比較的新しい格安SIM
  • 低速通信のみのライトプラン、30GBなどの大容量プランもある
  • 追加SIM120円によるデータシェアも可能、1契約2枚まで追加申し込み可
  • スマホセットも購入可能
  • かけ放題2種類など通話オプションあり
  • セキュリティオプションは最大3ヵ月無料、最大6台で利用可
  • TOKAIコミュニケーションズのインターネット回線利用の場合は、月額100円~300円が割引に

LIBMOの料金プラン

LIBMOはdocomo系の格安SIMです。低速通信(200kbpsの)のみ使えるライトプランから、10GB・20GB・30GBの大容量プランまで用意されています。

LIBMOの料金プラン(月額)

データ データ+SMS 音声通話
(データ+SMS)
ライトプラン 480円 620円 1,180円
3GBプラン 880円 1,020円 1,580円
6GBプラン 1480円 1,620円 2,180円
10GBプラン 2280円 2,420円 2,980円
20GBプラン 3980円 4,120円 4,680円
30GBプラン 5880円 6,020円 6,580円

表示は税抜料金

料金設定は、データプランの月額料金をベースに、それぞれ「SMSオプション140円」「音声通話オプション700円」を加算した金額になります。シンプルでわかりやすい設定です。料金も安くて利用しやすいのですが、料金プランの種類がやや少ないのが残念です。

家族で使えるデータシェアオプション

データシェアオプションでは、1契約で最大3枚までのSIMカードを利用できます。追加SIMの月額利用料は120円です。(データ通信SIM)「家族で格安SIMを使いたい、データ通信容量をシェアしたい」「スマホやタブレット端末など複数の端末を使いたい」という場合に便利です。

データシェアの申し込みは、本契約者が3GB以上のプランを契約している場合に限ります。ライトプランでは利用できません。なお、SIMカードを1枚追加するごとに契約事務手数料として3,000円が発生します。

例 家族3人・30GBプランの月額料金

お父さん お母さん 子ども
30GB
音声通話機能付プラン
6,580円
追加SIM 120円
音声通話オプション 700円
追加SIM 120円
音声通話オプション 700円
3人合計 8,220円

表示は税抜料金

追加SIMは1枚月額120円(データ専用SIM)です。これに「SMSオプション140円」「音声通話オプション700円」をプラスすることで、SMSあるいは音声通話+SMSの機能が利用できるようになります。

1契約で2枚までしか追加ができませんが、親回線の契約は5回線まで可能です。利用端末が多い場合は契約を増やして対応できます。

また、同一住所に住む家族であれば、親回線と別名義でも申し込めます。ただし、未成年の名義では申し込むことができません。たとえば、夫名義で契約して使い勝手を確かめた後で、妻名義で格安SIMを追加するといったことも可能です。

スマホセットは12種類から選べる

LIBMOを申し込むと同時にスマホも新しくしたい、という人はスマホセットを選択できます。2019年6月時点でのスマホのラインナップは12種類。ZenfoneやAQUOS、HUAWEIなどのスマホを選べます。また、中古のiPhoneの販売も行っています。スマホセットでなくても、自分でiPhoneを用意すればもちろん利用できます。

スマホセットを購入すると、初期設定やデータ通信に必要な設定などを済ませたものが届きます。SIMカード差し替えなどの手間もかかりません。手元にスマホが届いたらすぐに利用できます。支払いは、一括払いまたは分割払い(24回)となります。

スマホの他、タブレット端末、モバイルルータも取り扱っています。価格は特別安いというわけではありませんが、一緒に購入できるのはとても便利です。

かけ放題、スマート留守電など、通話オプションが多彩

LIBMOには2種類のかけ放題オプションの他、留守番電話や割込通話などを申し込むことができます。格安SIMは、通話サービスがあまり多くない印象を持つ人も多いと思いますが、LIBMOは以下のような通話オプションをそろえています。

LIBMOの通話オプション

サービス 月額料金
10分かけ放題 850円
かけ放題ダブル 1,300円
通話パック30 880円
スマート留守電 290円
留守番電話 300円
割込通話 200円

表示は税抜料金

「10分かけ放題」(月額850円)と「かけ放題ダブル」(月額1,300円)

10分かけ放題は、10分間以内の国内通話がかけ放題になる通話オプションです。かけ放題ダブルは、10分かけ放題にプラスして、当月の国内通話上位3番号の通話料が無料になります。上位3番号については通話時間を問いません。対象の番号は自動で抽出されるので、番号を申請するなどの手続きも不要です。

「いろいろな人によく電話をかけるけれど、10分以上通話をすることはない」という場合は10分かけ放題を。「田舎や実家などに長電話することが多い」という場合はかけ放題ダブルを選ぶとお得になると考えられます。

この他、通話パック30は、月額880円で月間1,200円分の通話が可能になるサービスです。最大で320円お得になります。

スマート留守電は、メールやLINE、Messengerで着信がわかるサービスです。文字と音声で留守電が届き、内容と発信者がすぐにわかります。仕事中や電車内など、電話に出られない時に便利です。

総合セキュリティサービスや端末補償などの安心オプションも

通話サービスの他にも、安心して格安SIMを利用できるサービスなどがあります。キャリア(docomo、au、SoftBank)のスマホに見劣りしないサービスを、自分で選んで付加することができます。

サービス 料金
TOKAI SAFE 400円/月(最大3ヵ月無料)
LIBMO端末補償 380円/月
安心訪問サポート 7,800円~
雑誌読み放題 タブホ 500円/月(最大2ヵ月無料)

表示は税抜料金

「TOKAI SAFE」(月額400円)インターネットを安全に使うためのサービス

1契約で端末6台までをカバーできるセキュリティサービスです。自分のスマホだけでなく、家族のスマホ、自宅のパソコン、田舎の祖父母も安心のネット環境になります。最大3ヵ月間無料で利用できます。

以下に保護機能の一例を挙げました。オンラインショッピングやインターネットバンキングも安心です。

  • セキュリティ保護(ウィルス、スパイウェア等から防ぐ)
  • ブラウザ保護(サイトへの安全な接続の確保、預金を保護するバンキング保護等)
  • ネットワーク保護(Wi-Fiネットワークの安全性を検証)
  • ペアレンタルコントロール(保護者機能)

LIBMO端末補償(月額380円)はスマホの「落下」「不具合」「水濡れ」に対応

端末補償は、スマホセットとの同時申し込みで利用できるオプションです。利用料は月額380円(税抜)です。交換代金として初回は5,000円、2回目は8,000円で新しいスマホを使うことができます。

交換機が届いたら、14日以内に故障端末を返送する必要があります。契約期間は最長で36ヶ月間。紛失や盗難は補償対象外となります。

格安SIMデビューにうれしい「安心訪問サポート」あり

自宅までスタッフが来てくれて、初期設定などをサポートしてもらえる訪問サービスがあります。1台の場合のパック料金は7,800円~12,500円と安くはありませんが、初めての格安SIM利用の時に安心です。

サポートしてもらえるのは、SIMカードの差し替え、ネットワーク設定やApple ID・Googleアカウントの取得と設定、データ移行などです。複数台の端末がある場合はまとめてサポートしてもらうこともできます。

データ繰り越し、データチャージも可能

月末に残っているデータ通信量は、翌月に繰り越すことができます。繰り越し分の利用期限は、繰り越した月の末日までです。

データのチャージは、100MB単位と1GB単位で可能です。

  • 200円/100MB
  • 1,000円/1GB

他社のデータチャージ料金と比較して100MBはやや安い方、1GBは標準的な料金と言えます。必要な分だけ100MB単位で補充でき、月5回まで追加可能です。なお、低速通信で便利なバースト機能や、低速通信と高速通信の切り替え機能はありません。

まとめ – 端末補償やかけ放題など欲しい機能がそろった格安SIM

LIBMOは格安SIM事業をスタートして日が浅い会社ですが、料金は比較的安く、シンプルなプランが用意されています。初めて格安SIMを使うユーザーにも優しい格安SIMです。

docomo回線を使う格安SIMであり、低速通信のみのライトプラン~20GB・30GBの大容量プランから選ぶことができます。データシェアプランもあるので、家族での利用にもおすすめです。

SIMカード+スマホセットも購入できます。ちょうどスマホも買い換えたいという場合には最適です。新しいSIMカードが挿入され、データ通信のための設定が済んだスマホが手元に届くので。初期設定に不安がある場合にはおすすめです。

通話オプションやサポートオプションが豊富です。かけ放題オプションは2種類、総合セキュリティーサービス、端末補償、訪問サポートなどのオプションも選べます。

LIBMO(公式サイト)

 
LINEモバイル

おすすめの格安SIM

格安SIMの契約まで

申込から利用までの流れ

格安SIMの基本

用途・特徴別で探す

格安SIMの体験記

IIJmio

PAGE TOP