わかりやすい格安SIM入門

nuroモバイル(ニューロモバイル)

2019/6/17

nuroモバイル(ニューロモバイル)

nuroモバイルは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の格安SIM。提供している通信回線は、docomo系、au系、SoftBank系の3種類から選べます。料金プランは、2018年10月1日に改定され、新プランでは月額料金が比較的安く設定されています。

nuroモバイル(公式サイト)

nuroモバイルの料金プラン

nuroモバイルのプランは4つの容量別プランがあります。回線はdocomo回線、au回線、SoftBank回線から選びます。docomo、au、SoftBankから乗り換えるなら、SIMロックのかかっているスマホでも利用可能です。

docomo回線とau回線ではSIMの種類は「データ専用」「データ+SMS」「音声通話付き」の3つ、容量は4プランのなかから選べます。

docomo回線の月額料金

データ専用 データ+SMS 音声通話付き
お試しプラン(0.2GB) 300円 450円 1,000円
Sプラン(2GB) 700円 850円 1,400円
Mプラン(7GB) 1,500円 1,650円 2,200円
Lプラン(13GB) 2,700円 2,850円 3,400円

表示は税抜き料金

au回線の月額料金

データ専用 データ+SMS 音声通話付き
お試しプラン(0.2GB) 500円 650円 1,200円
Sプラン(2GB) 780円 930円 1,480円
Mプラン(7GB) 2,100円 2,250円 2,800円
Lプラン(13GB) 2,980円 3,130円 3,680円

表示は税抜き料金

SoftBank回線にはデータ専用SIMと音声通話付きSIMの2種類しかなく、データSIMにSMS機能をつけることができません。

SoftBank回線の月額料金

データ専用 データ+SMS 音声通話付き
お試しプラン(0.2GB) 500円 なし 1,200円
Sプラン(2GB) 980円 なし 1,680円
Mプラン(7GB) 2,300円 なし 3,000円
Lプラン(13GB) 2,980円 なし 3,680円

表示は税抜き料金

3回線とも「お試しプラン」が用意されています。このプランには最低利用期間がなく、解約時に解約金もかかりません。nuroモバイルの使い心地を気軽に試せます。

月額料金が無料の0 SIM(ゼロシム)プランもある

nuroモバイルには、月間のデータ通信量が500MB未満なら通信料金がかからない「0 SIM(ゼロシム)」プランがあります。SIMの種類は、普通のプランと同じく「データ専用」「データ+SMS」「音声通話付き」の3つから選べます。

注意しなくてはならないのは、月額0円になるのは0 SIMのデータ専用プランだけということ。データ+SMSになると150円、データ+音声では700円からのスタートです。

0 SIMの月額料金(docomo回線のみ)

データ専用 データ+SMS 音声通話付き
0~499MB 0円 150円 700円
500~5120MB 100~1,600円 250~1,750円 800~2,300円

表示は税抜き料金

500MB未満しか使わなければ無料ですが、それ以上は100MBごとに100円がプラスされていきます。2GB(=2048MB)~5GB(=5120円)までは料金が定額で、データ専用SIMの場合は1,600円。5GBを超えると、通信制限がかかってしまいます。

500MB未満、どんな使い方ならOK?

一般的な使い方では、500MB未満に抑えるのは難しいです。自宅にWi-Fi環境があって、自宅以外ではスマホを使わない人なら、大丈夫かもしれません。基本的に、2台目以降のサブ端末用の回線として使うことをオススメします。

回線の速度は平均よりも遅く、つながりにくいことも。ちなみに、「データ専用」「データ+SMS」のプランでは、3か月間全く通信しなかった場合に自動的に解約されてしまいます。

データ容量の前借りやプレゼントができる

nuroモバイルは、データ容量の翌月繰越はもちろん、「データ前借り」やデータ容量をnuroモバイルユーザー同士で分け合える「パケットギフト」といったサービスも提供しています。

追加料金なしにデータを翌月分から前借り可能!

nuroモバイルは、ほかの格安SIMにはない「データ前借り」サービスを行っています。これは、スマホを使いすぎて今月のデータ容量が残り僅かになってしまっても、翌月のデータ容量分から補充できるというもの。

前借りできる最大容量は毎月2GBまでで、10MB以上から1MB単位で前借りできます。申し込みもマイページから設定するだけでよいので簡単です。

「パケットギフト」で通信容量をプレゼントできる

自分の高速通信容量をほかのnuroモバイルユーザーにプレゼントできるサービスもあります。2GB~13GBプランのユーザー同士であれば誰でも、何度でもプレゼントできます。家族で容量を有効活用できるシステムです。

「nuroモバイルでんわ」では、電話料金を半額に

アプリ「nuroモバイルでんわ」を使うと、通常20円/30秒の電話料金が10円/30秒になります。使い方は、専用アプリをダウンロードして、そこからいつもどおり電話をするだけ。ふだんの電話料金が半額になるのはとても便利ですね。

  • 通常の電話アプリ………30秒あたり20円
  • nuroモバイルでんわ……30秒あたり10円

かけ放題にも対応「nuroモバイルでんわ10分かけ放題」

2017年8月1日より「nuroモバイルでんわ10分かけ放題」がスタート。それまで5分かけ放題だったサービスが一気に倍に。月額800円という安さで10分以内の電話がかけ放題となります。よく電話をする人はつけておくと安心でしょう。

リニューアル前はユニークなプランがあった

2018年10月1日のリニュアール前は、他社には見られない独自のプランがnuroモバイルの強みでした。そのなかでも特に人気があったプランが「5時間プラン」。1日のうち、5時間は高速データ通信を自由に利用できる、というものでした。

スマホを使っていないときは低速通信、使っているときは高速通信、といったように5分単位でデータ通信を高速・低速に切り替えてくれるユニークなサービス。復活してほしいという声が多ければ、5時間プランを再開するかも、とのことです。

まとめ – シンプルなプランに変わった「nuroモバイル」

以前はユニークなプランが特徴だったnuroモバイルは、2018年10月1日に料金プランをリニューアルしてからはシンプルになりました。

nuroモバイルの特徴

  • シンプルでわかりやすい料金プラン
  • 無料から使える「0 SIM」プランがある
  • お試しプランがあるので気軽に試せる
  • データの前借りやシェアが可能

なかでもおもしろいのが、月間のデータ通信量が500MB未満であれば、無料で利用できる「0 SIM(ゼロシム)」プラン。ただ、通信環境についてあまりいい噂は聞きません。あくまでも、サブ端末として利用するのが良さそうです。

データの前借りサービスは、nuroモバイルならではの機能。ただ、データチャージは他社よりも高い傾向があるので要注意です。解約金のかからないお試しプランもあるので、気軽に契約できるのもうれしいポイントです。

nuroモバイル(公式サイト)

 
LINEモバイル

おすすめの格安SIM

格安SIMの契約まで

申込から利用までの流れ

格安SIMの基本

用途・特徴別で探す

格安SIMの体験記

IIJmio

PAGE TOP