わかりやすい格安SIM入門

BIGLOBEからUQ mobileに乗り換えてみた【格安SIM乗り換え】

2018/12/26

BIGLOBEからUQにmobileに乗り換え

2年間使ったBIGLOBEモバイルからUQ mobileに乗り換えたので体験記を残しておきます。
BIGLOBEの「6ギガプラン」から、UQ mobileの「ぴったりプランM(6GB)」に乗り換えました。
利用しているスマホはiPhoneXです。SIMカードだけ変更して、iPhoneXはそのまま使ってます。

乗り換えの流れをざっくりと

まずはBIGLOBEモバイルからUQ mobileに乗り換える大ざっぱな流れを見ておきましょう。
(記事中の料金は税抜表示です)

  • BIGLOBEに電話で解約の申し出をする
  • UQ mobileにウェブ申し込み
  • 郵送されるUQ mobileのSIMカードをiPhoneにセット
  • UQ mobileの設定をして利用スタート

まずはBIGLOBEモバイルに解約の申し出をします。解約の申し出は電話1本で完了します。今回は電話番号をそのままで乗り換える「MNP乗り換え」なので、電話をするときにそのこともお伝えします。

BIGLOBEに解約の申し出をしたら、UQ mobileに申し込み。申し込みはUQ mobileの公式サイトからオンラインで。

申し込みをした次の日にはSIMカードが郵送されました。iPhoneに入っていたBIGLOBEのSIMカードをUQのSIMカードに入れ替えて設定をすれば、乗り換え完了です。

BIGLOBEに電話で解約の申し出をする

まずはBIGLOBEに「解約したいです〜」という宣言をする必要があります。

  • 解約の手続きは電話1本
  • 解約に関わる手数料はMNPの事務手数料3,000円のみ
  • MNPで乗り換えるので、15日以内に次の会社へ
  • SIMカードは返却してとのこと

解約手続きは電話1本

BIGLOBEモバイルの解約手続きは電話1本で済みました。
下記のページから「MNP予約番号払い出しをご希望の方(MNP転出で解約)」の番号に電話をして、
「BIGLOBEを解約し、MNPで次の会社に乗り換えたい」と伝えるだけです。
(MNPはMy Number Portabiltyの略で、番号そのままで携帯会社を乗り換えるための手続き。)
「BIGLOBEモバイル」解約手続き

解約理由を効かれ、BIGLOBEのサポート担当さんから「考え直してくれない?」と慰留が入りますが、うまくかわしましょう。

解約に関わる手数料はMNPの事務手数料3,000円のみ

解約に関わるBIGLOBEの手数料は、MNPの事務手数料である3,000円のみでした。
BIGLOBEモバイルは、最低利用期間が12ヶ月なので、12ヶ月以内に解約をするとさらに8,000円の契約解除料がかかります。

格安SIMの多くは「最低利用期間」を過ぎていれば、いつ解約をしても解約手数料がかかりません。「契約の更新月」を待つ必要はないわけです。

MNPで乗り換えるので、15日以内に次の会社へ

MNPで乗り換えをする場合、15日以内に次の会社へ乗り換える必要があります。
BIGLOBEに解約の電話をしたのは午前10時頃で「1日以内にMNPの予約番号を発行します」とのことだったんですが、電話をしてから3時間足らずでMNPの予約番号をお伝えするメールが届きました。

ちなみに、15日以内に次の会社が見つからなくても慌てることはありません。また同じように電話をかける手間が増えるだけです。

SIMカードを返却してとのこと

BIGLOBEのSIMカードは、タイプDの場合(つまりdocomoプランの場合)、貸与しているという扱いのため返却する必要があるようです。SIMカードを封筒にいれて、指定の住所に送りつけて下さいとのことです。
「BIGLOBEモバイル」の解約後、SIMカードは返却が必要ですか

UQ mobileにウェブ申し込み

UQ mobileには公式ウェブサイトから申し込みをします。
UQ mobile 公式ウェブサイト

UQ mobileの取り扱いSIMカード

私が利用しているスマホは、SIMフリーのiPhoneXです。iPhoneに挿すのは「microSIM」ではなく「nanoSIM」です。ですが、左から2番目の「nanoSIM」を選ばないよう注意しましょう。「マルチSIM」を選ばないとiPhoneXで使えません。(実は申し込み段階で一度このチョイスを間違えてしまいました。)

UQモバイルのプラン

今回選んだのは、高速通信の容量が毎月6GBで、毎月最大60分のかけ放題がついてくる「ぴったりプランM(月2,980円)」です。

郵送されるUQ mobileのSIMカードをセットする

UQモバイルのSIMカード郵送物

申し込みをした翌日にはSIMカードが届きました。少し大きい封筒サイズの梱包でSIMカードと説明書が郵送されます。さっそくiPhoneに入っているSIMカードを入れ替えましょう。

iPhoneXの側面からSIMカードを取り出す

まず、iPhoneの電源を切って、iPhoneに入っているBIGLOBEのSIMカードを取り出します。
SIMカードは、iPhoneの側面に挿入されてます。

iPhoneXのSIMトレイ

iPhoneを購入した時の箱の中に入っている、SIMカード交換用ピンを使います。これをiPhoneの側面の小さな穴にグッと挿すと、SIMトレイがプリッと出てきます。SIMカード交換用ピンをなくしちゃった場合は、ステンレス製のクリップでも代用できます。クリップを挿せる形に曲げて、iPhone側面の穴に挿しましょう。

クリップでSIMカード取り替えピンの代用ができる

iPhoneのSIMトレイからBIGLOBEのSIMカードを取り出したら、UQ mobileのSIMカードを同じようにセットしましょう。

UQ mobileの設定

UQモバイルのはじめてガイド

UQ mobileのSIMカードをiPhoneにセットしたら、あとはUQ mobileのSIMカードで電波通信するための設定をします。SIMカードと一緒についてくる説明書「はじめてガイド」の通りに設定をすればOKですが、軽く説明しておきます。

まずは、UQ mobileの公式サイトから、「回線の切り替えお願いシマス」という設定をします。公式サイトにアクセスする必要があるので、まずはスマホをWiFi接続してネットができる状態にしましょう。

ちなみに、この作業は必ずしも手持ちのスマホからする必要はなく、パソコンからUQ mobileの公式サイトにアクセスして行ってもOKです。

公式サイトに「my UQ mobile」というユーザー専用ページがあるので、そこにアクセスします。
IDとパスワードの欄には、それぞれ申し込み時に発行された受付番号(半角英数字10ケタ)と、申し込み手続きのときに自分で設定した暗証番号(半角数字4ケタ)を入力します。

初期ID 初期パスワード
申込時に発行された受付番号 申込時に自分で設定した暗証番号

「my UQ mobile」の「お申込み状況一覧」ページに「回線切替」のボタンがあるので、それをタップ(クリック)します。

UQ mobileのMNP回線切替

これで、回線の切り替え設定は完了。前に使っていたBIGLOBEモバイルは、これをもって自動的に解約手続きが進みます。

あとはスマホの本体設定。スマホに「これからUQ mobileのSIMカードで通信するヨ」という設定(APN設定)をする必要があります。

まず、iPhoneの「設定 > 一般 > プロファイル」の中に、BIGLOBEモバイルの構成プロファイルがある場合は、削除します。

BIGLOBEモバイルのプロファイルを削除

タップすれば「プロファイルを削除」という項目があるので、削除しちゃいましょう。何かあればいつでもBIGLOBEの公式サイトからダウンロードできるものなので、心配不要です。

次に、UQ mobileのプロファイルをインストールする作業です。iPhone6以降の機種の場合、iPhoneから下記のページにアクセスして、プロファイルをインストールします。

UQ mobileのiPhone用プロファイル

プロファイルをiPhoneにインストールしたら、全ての設定が完了。

UQ mobileのiPhone用プロファイル

これでUQ mobileへの乗り換えが全完了です。UQ mobileのSIMカードを使って、電話発信やネット接続が可能になりました。やっぱり通信速度が速いです。

BIGLOBEモバイルとUQ mobileの類似プランを比較

乗り換えの興奮そのままに振り返り作業をしておきましょう。BIGLOBEモバイルとUQ mobileのプランを比較します。(BIGLOBEは1GB〜30GBの6プラン、UQ mobileは2GB〜14GBの3プランで、あまり噛み合っていません。唯一6GBプランだけが噛み合っています。)

BIGLOBEモバイルとUQ mobile – 音声通話プランの比較

BIGLOBEモバイル UQ mobile
1GB 1,400円
2GB 1,980円
(14ヶ月目以降は2,980円)
3GB 1,600円
6GB 2,150円 2,980円
(14ヶ月目以降は3,980円)
7GB 3,400円
14GB 4,980円
(14ヶ月目以降は5,980円)
20GB 5,200円
30GB 7,450円

UQ mobileで「おしゃべりプラン」を選んだ場合は、上記の金額のままで「5分以内の国内通話がかけ放題」がついてきます。「ぴったりプラン」を選んだ場合は、上記の金額のまま最大30分無料通話(2GBプラン)、最大60分無料通話(6GBプラン)、最大90分無料通話(14GBプラン)がついてきます。

UQ mobileの通常用量は上記の通りですが、増量オプション(月額500円)が2年間無料になるキャンペーン中です。増量オプションに入ると、それぞれ下記の容量を追加できます。これは毎月アプリから手動で追加する必要があるので注意しましょう。「おしゃべりプラン」を選択した場合は、通話料無料も2倍になります。

UQの増量オプションを申し込んだ場合

プランS プランM プランL
通常2GB 通常6GB 通常14GB
さらに1GB追加可能
(最大3GB使える)
さらに3GB追加可能
(最大9GB使える)
さらに7GB追加可能
(最大21GB使える)
無料通話最大60分に 無料通話最大120分に 無料通話最大180分に

その他、BIGLOBEモバイルとUQ mobileの特徴は下記の通りです。

BIGLOBEモバイル UQ mobile
  • エンタメフリー・オプション(対象動画サイト、音楽配信サービスのカウントフリー)
  • 全国に83,000ヶ所あるWi-Fiスポット「BIGLOBE Wi-Fi」を無料利用(6GB以上のプラン加入のみ)
  • 最低利用期間が1年
  • 通信速度が速い
  • Wi2 300 for UQ mobileを無料で利用可能
  • 2年縛りで更新月以外に解約すると契約解除料9,500円

BIGLOBEには「エンタメフリー・オプション」があるので、対象の動画サイトや音楽配信サービスをよく使う人にはおすすめです。「エンタメフリー・オプション」に入れば、YouTube、AbemaTV、U-NEXT、Google Play Music、Apple Music、Spotify、AWA、Amazon Musicなどのサービスの通信量がカウントされないようになります。音声通話SIMの3GB以上のプランを契約すると、エンタメフリーを月額480円で申し込めます。

BIGLOBEモバイル(公式サイト)
UQ mobile(公式サイト)

 
LINEモバイル

おすすめの格安SIM

格安SIMの契約まで

申込から利用までの流れ

格安SIMの基本

用途・特徴別で探す

格安SIMの体験記

IIJmio

PAGE TOP