わかりやすい格安SIM入門

主要なWi-Fiスポットと提携MVNOの組み合わせ一覧

2019/7/8

主要なWi-Fiスポットと提携MVNOの組み合わせ一覧

街のいたるところに貼られている「Wi-Fiスポット」のステッカー。外出先でWi-Fiスポットが使えると、通信量が節約できて助かります。安定して通信ができるのも心強いです。主なWi-Fiスポットで、MVNOと提携を結んでいるところをピックアップしてみました。

主なWi-Fiスポットサービス

Wi-Fiスポットサービスには、キャリアが提供する公衆無線LANをはじめ、コンビニのWi-Fi、カフェのWi-Fi、無料のWi-Fiなどさまざまな種類があります。その中で、本来は有料のサービスでMVNOと提携をおこなっているものを紹介します。

  • Wi2 300
  • Secured Wi-Fi
  • DoSPOT
  • BBモバイルポイント
  • UQ_Wi-Fi

主なWi-Fiスポットサービスの特徴

スポット数など 提供元など 提携MVNO
Wi2 300 通常スポット / 約60,000ヶ所
オプションエリア / 約140,000ヶ所
全国の主要駅やファーストフード店、コンビニ、カフェなど
株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供。通常は月額362円(税別)
国内最大級のサービス
Secured Wi-Fi 主に東日本エリアに展開、約60,000ヶ所
鉄道、空港、カフェ・ファーストフード、ホテル、デパート、商業施設、 オフィスビル、図書館、大学、コンベンションセンター等
NTT東日本のグループ企業、NTT BP (NTT ブロードバンド プラットフォーム)が提供
DoSPOT 店舗向けのWi-Fiサービス
主に西日本エリアに約15,000ヶ所以上
カフェ、コンビニ、ショッピングモールなどのほか、訪日外国人が訪れる業種の店舗
NTT西日本のグループ企業NTTメディアサプライ株式会社が提供。
店舗や施設の情報、クーポンのチェック、ブログなども閲覧できる
BBモバイルポイント 全国約5,200ヶ所
マクドナルド、ルノアール、JR主要駅、空港、ホテル、東海道新幹線(東京~新大阪間)のN700系車内等 ※Wi2 300 と提携
ソフトバンクテレコムが提供
UQ_Wi-Fi 空港、駅、レストラン等、日本全国の無線LANスポット ※Wi2 300 と提携 UQコミュニケーションズ株式会社が提供。KDDI系のWi-Fi

Wi-Fiスポットを使う利点は大きく2点です。1つは、スマホの通信量を消費せずに済むこと。もう1つは、通信回線が安定していること。毎日利用する駅や立ち寄るお店がWi-Fiエリアになっていれば、使わない手はありません。

Wi-Fiスポットサービスは基本的には有料です。多くは、月額300円から500円くらいかかります。しかし、提携しているMVNOによっては無料・または格安で利用できるところもあります。

Wi-Fiスポットを活用できるなら、もっと容量の小さいプランへの変更もかなうかもしれません。格安SIMで安くなったスマホ代をさらに節約できそうです。

それでは、Wi-Fiスポットサービスごとに見ていきましょう。

Wi2 300

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供しているWi-Fiスポットサービスです。全国の主要駅やファーストフード店、カフェなどで利用できます。青いハリネズミのキャラクターに見覚えのある方も多いのではないでしょうか。

Wi2 300のベーシックエリアのスポット数は約60,000。オプションエリアは約140,000。国内では最大級のWi-Fiスポットサービスと言えるでしょう。

Wi2 300は、本来は、月額362円の有料サービスです。「ベーシックエリア」と「オプションエリア(プレミアムエリア)」があり、格安SIMで無料になるのはベーシックプランのみになっています。

Wi2のWi-Fiスポットの他に「UQ Wi-Fi」「BBモバイルポイント」も利用可能

ソフトバンクのBBモバイルポイント、UQコミュニケーションズのUQ Wi-Fiとの無料ローミング(提携)が行われており、同様にアクセスすることが可能です。さらにバッファローと業務提携し、FREESPOTのアクセスポイントも使えるようになりました。

Wi2 300の利用エリアを検索してみると、「BBモバイルポイント」と「UQ Wi-Fi」のロゴマークも表示されています。これにより利用エリアが広がり、なおいっそう使いやすくなりました。

Wi2 300と提携しているMVNO

UQ mobile
楽天モバイル
BIC SIM

Secured Wi-Fi

NTTブロードバンドプラットフォーム株式会社が提供しているWi-Fiスポットサービス。公衆無線LAN構築事業を中心に行なっている会社です。主に東日本エリアにWi-Fiスポット展開しており、駅や空港、カフェなど公共性の高い場所での利用が可能です。

Secured Wi-Fi と提携しているMVNO

OCN モバイル ONE
BIGLOBEモバイル
U-mobile

DoSPOT

NTTメディアサプライ株式会社が提供しているWi-Fiスポットサービス。西日本エリアを中心にWi-Fiスポットを運用しています。

店舗向けのWi-Fiサービスに力を入れており、店舗や施設の付加価値UP、集客力UPに貢献しています。待ち合わせや空席待ちの時間に利用できるのは便利ですね。また、Wi-Fiを利用する際に店舗のホームページが表示されサービスもあり、新しい情報やクーポンなどを紹介してもらえます。

DoSPOTと提携しているMVNO

OCN モバイル ONE
BIGLOBEモバイル
U-mobile

BBモバイルポイント

ソフトバンクテレコムが提供しているWi-Fiスポットです。スポット数は全国5,200ヶ所とあまり多くはありません。マクドナルド、ドトール、銀座ルノアール、東急ホテルズ、ホテル法華クラブなどの他、JRの主要駅や主要空港で利用が可能です。

BBモバイルポイントと提携しているMVNO

BIGLOBEモバイル
NifMo
楽天モバイル
(Wi2 300 が利用できるMVNOであれば、BBモバイルポイントも利用できることになります)

UQ_Wi-Fi

本来はUQ WiMAXのオプションとして無料で利用できる公衆無線LANサービス。モバイルルーター「UQ WiMAX」や格安スマホ「UQモバイル」を提供している会社です。青いガチャピンやムックのCMで有名ですね。

都営地下鉄などの駅や東海道新幹線、常磐線特急(ひたち/ときわ)の列車内等でも利用できます。

UQ Wi-Fiと提携しているMVNO

UQ mobile
(Wi2 300 が利用できるMVNOであれば、UQ Wi-Fiも利用できることになります)

まとめ

公衆無線LANは多種多様ですが、中にはMVNOと提携しているWi-Fiスポットサービスがあります。無料あるいは格安でWi-Fiを利用することができるのは便利です。

スポット数が多くても、自分がよく行く場所に設置されていなければ意味がありません。よく使う駅やお店が、どんなWi-Fiスポットサービスを提供しているのかを確認してみてはいかがでしょう。

もし、利用できそうなWi-Fiスポットを見つけたなら、「Wi-Fiサービスが使える」という視点でMVNOを選ぶのも良いかもしれません。Wi-Fiサービスの付いたプラン・オプションは各社さまざまです。格安SIMを賢く使うひとつの手段として、検討してみてください。

OCN モバイルONE
BIGLOBEモバイル
U-mobile
NifMo
楽天モバイル
UQ mobile

 
LINEモバイル

おすすめの格安SIM

格安SIMの契約まで

申込から利用までの流れ

格安SIMの基本

用途・特徴別で探す

格安SIMの体験記

IIJmio

PAGE TOP