わかりやすい格安SIM入門

モバイル050番号 – IP電話のメリット・デメリット

2019/7/26

モバイル050番号IP電話のメリット・デメリット

携帯電話の電話番号といえば、「080」や「090」で始まるものが一般的です。しかし、IP電話の場合、電話番号は「050」から始まります。IP電話と普通の電話、何が違うのでしょうか。

IP電話のIPとは?

「IP」とは、「インターネットプロトコル(Internet Protocol)」の略。その技術を利用して通話を行うサービスを「IP電話」といいます。一般的な携帯電話は、電話回線を利用していますが、IP電話の場合、インターネット回線を利用して通話を可能にしています。

IP電話は、固定電話でもスマホでも利用できます。ちなみに、ひかり電話もIP電話の一種です。それでは、スマホでIP電話を利用する際について詳しく見ていきます。

3種類に分けられるIP電話

IP電話には3種類あり、電話番号で区別できます。実は、「050」の番号を持たないIP電話もあるのです。

番号
市外局番-市内局番-加入者番号 ひかり電話など
050番号 050 plus、LaLa Call、SMARTalkなど
電話番号なし LINEやskypeなど

基本的にスマホのアプリをダウンロードすれば使える、050番号のIP電話。通話料金が一気に安くなるので注目を浴びています。月額数百円程度で利用できちゃいます!

インターネットを利用して通話をしているので、LINEなども、IP電話の一種です。ただし、電話番号はないので、通話できるのは同じサービスに登録している人同士だけ。一般の電話回線にはつながっていません。
LINEで消費する通信量まとめ – 通話・メッセージ・写真・動画など

今回は、スマホで050番号のIP電話を使う際の、メリットとデメリットをまとめていきます。

メリットとデメリットがあるIP電話

「080」や「090」から始まる電話番号を使った普通の電話と、IP電話を比べたときのメリットとデメリットをまとめてみました。

IP電話のメリットとデメリット

メリット デメリット
  • 低価格の通話料金
  • 専用の電話番号が取得可能
  • データ通信専用SIMでも電話できる
  • 緊急通報に発信できない
  • 通話品質が低い
  • SMS機能が使えない

通話料金が格段に安くなることが一番のメリットとしてあげられます。しかし、電話の機能としてはさまざまな制限がかけられているので、人によっては不便になってしまいます。

IP電話を使ったときのメリット

低価格の通話料金

IP電話は、電話回線を利用した電話よりも、通話料金が圧倒的に安いです。050 plus、LaLa Call、SMARTalk……3サービスの料金を比べても、あまり大差ないことがわかります。

IP電話アプリの料金比較(税抜)

050plus LaLa Call SMARTalk
月額料金 300円 100円 無料
アプリ内通話 無料
国内の携帯電話 17.28円/1分 16円/1分 16円/1分
国内の固定電話 8.64円/3分 8円/3分 48円/3分

どのサービスを利用しても、アプリ内での通話なら料金がかかりません! 月額料金も、国内の携帯・固定電話の通話料金も、大変お得。サービスによっては、国際電話も同じくらいの価格でかけられるものもあります。

専用の電話番号が取得可能

050番号のサービスに登録すると、電話番号を新たに入手できます。電話加入権は必要ありません。「080」「090」の電話番号も持っている人なら、使い分けが可能になります!

データ通信専用SIMでも電話できる

IP電話はインターネット回線を使用しています。つまり、格安SIMの「データ専用プラン」でも、電話が使えるようになるのです! また、音声を拾えるマイクが搭載されているタブレットでも電話ができます。

IP電話を使ったときのデメリット

緊急通報に発信できない

ほとんどの場合、110や118、119といった緊急通報用の電話番号にかけられません。また、フリーダイヤル(0120)や特殊番号(0570/0990など)への発信もできないです。ただし、緊急通報については、総務省の働きかけもあり、対応に向けて検討中です。

なお、今は「緊急通報ナビ」という、最寄りの警察署を検索できるアプリがあります。GPS機能を利用して近くを検索し、地域の警察に相談することが可能です。

通話品質が低い

IP電話の場合、通常の電話回線よりも音質が落ちます。インターネット回線を利用しているため、一度音声をデジタル化して、また音声に変換するという処理が入るからです。

また、インターネットの状況によって通話の品質が左右されます。音声が途切れたり、遅延が発生したりすることがあるので、利用の際は心に留めておきましょう。

SMS機能が使えない

LINEやFacebookなどのアプリに登録する際、SMS(ショートメッセージサービス)で本人確認を行なうことがあります。IP電話では、SMS機能を使うことができないので、格安SIMの「データ専用プラン」の場合、困る場合があります。

ただ、ほとんどの格安SIMで、追加オプションとしてSMS機能を追加できるので、必要な人は申し込んでおきましょう。
格安SIMのSMSプランってどういう人が申し込むの?

IP電話のメリット・デメリットのまとめ

IP電話とは、インターネット回線を使った電話サービス。固定電話でもスマホでも利用できますが、今回はスマホのアプリをインストールして使う方法について確認してきました。

IP電話のメリットとデメリット

メリット デメリット
  • 低価格の通話料金
  • 専用の電話番号が取得可能
  • データ通信専用SIMでも電話できる
  • 緊急通報に発信できない
  • 通話品質が低い
  • SMS機能が使えない

スマホで050番号のIP電話を使う場合、通話料が安くなることが大きなメリットです。IP電話の会社同士が提携していれば、その間の電話は無料になります。通信料が大幅に節約できますね!

デメリットとしては、ふつうの電話よりも通信品質が落ちてしまうことがあげられます。IP電話の種類にもよりますが、通信が不安定だったり、音声が途切れたり遅れたりすることがあるので注意しましょう。また、緊急通報やフリーダイヤルにかけることができません。

上手に使えば、電話代がぐんとお得になるIP電話。スマホでも、IP電話のアプリが充実しています。IP電話の特徴をよく知った上で、サービスを活用していきましょう。

主な格安SIMのかけ放題プランまとめ
時期をみて契約!キャンペーンが頻繁な格安SIMまとめ

 
LINEモバイル

おすすめの格安SIM

格安SIMの契約まで

申込から利用までの流れ

格安SIMの基本

用途・特徴別で探す

格安SIMの体験記

IIJmio

PAGE TOP