わかりやすい格安SIM入門

格安SIMの電波エリア・通信環境について

2019/7/30

格安SIMの電波・通信について

格安SIMに乗り換えると、月々のスマホ料金が大幅に安くなる! でも、大手キャリアじゃないから、通信速度は遅いんじゃないの? お得な格安SIMの電波エリアと通信環境の実態に迫ります。

電波はキャリアとまったく一緒

キャリアとつながりやすさは同じ

スマホを選ぶとき、ネットの「つながりやすさ」は大切ですね。格安SIMの会社であるMVNOは、大手キャリア(docomo・au・SoftBank)の通信設備を借りて、サービスを提供しています。キャリアの電波を使う=キャリアとの電波の状況は同じです。電波の強さも、カバーするエリアも一緒のもの。キャリアじゃないからよく圏外になる、というようなことはありません。

格安SIMのなかで最も使われている電波はdocomo系です。docomoの回線を借りるので、docomoの電波・通信エリアと同じということになります。au系であればauの、SoftBank系であればSoftBankの電波・通信エリアと同一のものを使用しているわけです。安心して使うことができますね。

音声通話の品質はどうでしょう。これもキャリアとほぼ一緒です。通話時にノイズが入るようなことはなく、快適に使えます。キャリアと格安SIMの違いはほとんどないといっていいでしょう。

格安SIMはキャリアと電波状況が同じであるということがわかりました。通信速度もキャリアと同じなのでしょうか?

キャリアより通信速度が遅くなる?

回線が混み合う時間帯

系列のキャリアと同じ電波。電波の強さも同等。けれども通信速度はキャリアには及びません。キャリアの場合、大勢のユーザーが同時に通信回線を使える状況が整備されています。しかし格安SIMは、多くのユーザーが同じ時間帯に通信回線を利用すると、混み合って遅くなってしまうのです。

「高速道路の三車線をゆうゆうと走るキャリア」「一車線だけなので混み合いやすい格安SIM」とたとえるとわかりやすいでしょうか。

「昼の時間帯は動画がサクサク見られない」という格安SIMユーザーの声があります。お昼休み休憩など、多くの人が一斉にスマホを使う時間帯は、通信回線が混雑して遅くなってしまうのです。キャリアと電波が同じでも、通信速度は同じとは言えない理由はここにあります。

ユーザーが増えても通信速度は落ちる

時間帯だけではありません。ユーザーが増えても通信回線は混み合います。人口が少ない地域で快適に通信できるのは、ユーザーが少ないからです。「じゃあ、利用者が少ないマイナーな格安SIMを選べばいい?」……そんなこともありません。今は混み合わなくても、今後ユーザーが増えれば遅くなるかもしれません。

では、docomo系au系SoftBank系、それぞれの回線に差はあるのでしょうか。

ユーザーが一番多いdocomo系格安SIM

現在、手に入る格安SIMのほとんどがdocomo系です。これは、回線を借りる接続料が安いということと、汎用性の高い通信規格であるという理由があります。多くがdocomo系ということは、それだけユーザーもたくさんいるということ。今後もdocomo系格安SIMに乗り換える人は多いでしょうから、通信速度については他社よりも不安が残るかもしれません。

au系・SoftBank系MVNOは、docomo系に比べると多くありません。そのため、回線が混みにくいと言われています。また、特筆すべきなのはサブブランドの健闘です。一般的な格安SIMとは異なりますが、サブブランドと呼ばれるY!mobile(ソフトバンクの格安スマホブランド)・UQ mobile(KDDIの子会社UQコミュニケーションズの格安スマホブランド)は、大手キャリアとほとんど差のない通信速度・品質を保っています。

「速い格安SIM」は状況によって変わる

一番速いのはどこなのか? ぜひ知りたいところですね。実は、さまざまな機関でスピードテストがおこなわれています。ところが、通信速度は時間・場所・天気・端末によって結果が変わってしまうのです。そこで「今月の比較」「今週のランキング」という形でまとめられています。こうしたデータは、選ぶ際の決定打ではなく、あくまでも参考として使うのがいいでしょう。

どこまで通信速度を気にするか

「通信が遅くなるなら、やっぱりキャリアでないとダメかな」……実は、ネットを閲覧するくらいならイライラすることはなさそうです。メールやLINEが使いづらくなるということもありません。普通の使い方をする分には問題がないレベルなのです。仕事で大きなファイルをやりとりする方、動画やアプリを素早くダウンロードしたい方以外は、速度低下を重視する必要もないでしょう。

通信速度に注目したときの「選ぶポイント」

見極めるポイント

  • 長い期間、快適な速度で通信できた実績がある
  • 通信設備の改善に力を入れている
  • 通信速度の推移や将来の見通しを公表している

具体的には、「速度が遅くなるときがあっても放置せず回復させている」「ユーザーの不満・要望を運営に活かしている」「改善計画についてサイトで読むことができる」など。顧客により満足してもらいたいという姿勢が感じられるところには、好感がもてますね。

定期的に情報をチェックしよう

通信速度を比較しようとしても、実際に手にとって使ってみなければ結論が出ません。また、通信速度のみならず、格安SIMを取り巻く環境は刻々と変化しています。数カ月ごとに最新情報を確認していくと、よりリアルな評価を得られます。

格安SIMの通信速度に関するまとめ

格安SIMの電波は大手キャリアと同じものを利用しています。しかし、通信速度はいまだキャリアに一歩及ばない状態です。とはいえ、使い方次第では格安SIMでもストレスを感じずに利用できるでしょう。

キャリアにはない、多くのプランから選べるのも格安SIMならではの魅力。信頼できるMVNOを見つけて、自分のニーズに合う一台を選びたいものですね。

通信速度が速い格安SIM【参考程度!】

 
LINEモバイル

おすすめの格安SIM

格安SIMの契約まで

申込から利用までの流れ

格安SIMの基本

用途・特徴別で探す

格安SIMの体験記

IIJmio

PAGE TOP