わかりやすい格安SIM入門

格安SIMに乗り換えてもApple Payを引き継ぎできる?

2019/6/13

格安SIMに乗り換えてもApple Payを引き継ぎできる?

スマホ1つで買い物がスピーディにできるApple Pay。格安SIMに乗り換えても、登録していたカード情報は無事に引き継がれるのでしょうか。

Apple Payとは – iPhone専用の電子ウォレット

スマホをかざすだけで電子マネーの支払いが可能なApple Pay。iPhone 7から、スマホをお店の端末にピッとかざすだけでお買い物ができるようになりました。

Apple Payで使える電子マネー

  • Suica
  • QUICPay
  • iD

Apple Payにクレジットカードを登録すると、自動的に電子マネーのQUICPayかiDに振り分けられます。そのため、Apple Payを通してクレジットカードを使うときは、QUICPayかiDを利用していることになります。

Apple Payは名前の通り、iPhoneで使えるアプリです。Androidのスマホをお持ちの方は利用できません。Androidの方は、おサイフケータイやGoogle Payといったアプリを使ってお買い物を楽しみましょう。

今までのiPhoneからApple Payを引き継ぐ方法

ここでは、今までiPhoneでApple Payを使っていた人が、格安SIMに乗り換えることをきっかけに新しいiPhoneを購入した場合についてお話します。

iPhoneから新しいiPhoneに機種変更する場合、基本的にはiCloudやiTunesを使ってデータのバックアップをします。Apple Payのデータ移行に関しては、登録しているカードの種類によって、方法が異なります。

Suicaの場合

  1. 旧iPhoneのWalletアプリからSuicaのカード情報を削除
  2. 新iPhoneのWalletアプリを開き、「カードを追加」からSuicaを選ぶ
  3. 旧iPhoneのSuica情報が表示される

Suicaはカード1枚につき、ひとつのスマホにしか登録できません。そのため、今まで使っていたiPhoneでSuicaのカード情報を一旦削除する必要があります。ですが、データそのものは消えていないので、iPhoneを新しくしても簡単にデータを呼び起こすことができるのです。

このとき、以前使っていたデータがそのまま引き継がれるので、残高も消えずにまるっと返ってきます。念の為、前の金額と変わっていないか確認しておくと安心ですね。

クレジットカードの場合

Suica以外のクレジットカードの情報は、4枚までならほかのデータのバックアップとともに引き継がれます。問題は、4枚以上カードを登録していた場合です。

Suicaと同じように、今まで使っていたiPhoneに登録していたカードの情報が残っていますので、カードを選択後、カードのセキュリティコードを入力すれば、再登録が完了します。ちなみに、セキュリティコードとは、クレジットカード裏面に記載されている3桁の暗証番号のことです。

今まで使っていたiPhoneのSIMを入れ替える場合

iPhone本体自体はそのまま、中に入っているSIMカードだけを交換する場合について説明します。

キャリアから格安SIMに乗り換えるとき、iPhoneの中に入っているSIMカードを入れ替えます。SIMカードは変わっても、Apple Payは問題なく利用できます。特別な手続きなどは必要ありません。

格安SIMに乗り換えたときのApple Pay引き継ぎについてまとめ

格安SIMに乗り換えても、Apple Payのデータは簡単に引き継ぐことができます。Suicaの場合、1カードにつき1つのスマホにしかデータを登録することができないので、注意しましょう。

もし、前の端末でSuicaのデータを消し忘れたとしても、新しいiPhoneから遠隔操作ができるので、データの消去が可能です。

AndroidのおサイフケータイやGoogle Payと比べると、引き継ぎの作業はとっても簡単です。サクッと引き継ぎをして、格安SIMに乗り換えた新しいiPhoneでも街中でお買い物を楽しんでください!

格安SIMでもおサイフケータイって使えるの?

 
LINEモバイル

おすすめの格安SIM

格安SIMの契約まで

申込から利用までの流れ

格安SIMの基本

用途・特徴別で探す

格安SIMの体験記

IIJmio

PAGE TOP