わかりやすい格安SIM入門

格安SIMでもおサイフケータイって使えるの?

2018/12/19

格安SIMでもおサイフケータイって使えるの?

格安SIMでもおサイフケータイ、使いたいと思いませんか。おサイフケータイに対応しているスマホであれば、大丈夫! 格安SIMに乗り換えても使えます。格安SIMでおサイフケータイを使うときの注意点をまとめました。

おサイフケータイに対応しているスマホであればOK

格安SIMでおサイフケータイを利用するには、格安SIMをセットしたスマホがおサイフケータイに対応していればOKです。

「おサイフケータイ対応」=「FeliCa(フェリカ)対応」

この場合の「おサイフケータイ対応」とは、どういうものでしょうか。これは、「FeliCa(フェリカ)対応」のことです。ソニーが開発した非接触型ICカード「Felica」は、docomoやau、SoftBankなどの大手キャリアのスマホ全般に搭載されているものです。

スマホがFeliCaに対応しているかどうかは、簡単にわかります。スマホ端末の背面を見てください。FeliCaのマークが描いてあれば、対応機種です。中身が格安SIMに変わっても、一部の決済機能をのぞいておサイフケータイを使うことができます。

出かける時は「モバイルSuica」、買い物では「楽天Edy」「WAON」、コンビニでは「nanacoモバイル」、お腹が空いたら「マクドナルドクーポン」…おサイフケータイの出番は少なくありません。格安SIMでも、あまり心配することなくおサイフケータイが使えるようですね。ホッとした人も多いのではないでしょうか。

「iD」については要注意

格安SIMでも利用できるおサイフケータイですが、電子マネー「iD」については確認しておきたいポイントがあります。

iDはNTTdocomoの電子マネー

docomoの電子マネーである「iD」。コンビニやレストラン、タクシーなどでスムーズに支払いができる電子マネーサービスです。

料金をチャージして支払う「プリペイド式」ではなく、クレジットカードを利用して支払う「後払い式」を採用しています。クレジットカードが使えないような施設でも利用できる場合があり、便利です。ポイントが自動的にたまっていく楽しみもあります。

docomoによる電子マネーなので、以前はおサイフケータイ対応のdocomo端末でしか利用できませんでした。それが、2016年春に格安SIM向けのiDアプリが登場。格安SIMでも「iD」が使えるようになりました。格安SIMでiDを利用する場合は、まず専用アプリをインストールしましょう。

無事、格安SIMでも利用できるようになった「iD」ですが、ひとつ問題が残っています。格安SIM向けのiDアプリでは、dカードが使えないのです。

「dカード」をiDアプリに設定できない

「dカード」「dカード mini」は、docomoのクレジットカード。以前はDCMX・DCMX miniと呼ばれていました。「dカード」「dカード mini」は、格安SIMのiDアプリで設定できないことが明記されています。

dカードの利用にこだわりがある方にはちょっと残念な話です。それ以外のカードはほぼ対応しているので、別の種類を選択しましょう。

iPhoneでは7シリーズから使えるように

大手キャリアが販売するスマホには、おおむねFeliCaが搭載されています。しかし、iPhoneはずっと非対応でした。iPhone 6s や 6s PlusまではFeliCaに対応していないので、おサイフケータイは利用できません。

日本のユーザー向けにFeliCaが搭載されたのは、iPhone 7 と iPhone 7 Plusです。Apple Payにより、SuicaやiDも利用可能になりました。iPhoneユーザーも、おサイフケータイの便利さを実感できそうです。

セット購入のスマホは対応機種を選ぼう

今使っているスマホでおサイフケータイをすでに利用していて、これから格安SIMを挿して引き続き使っていこう…という場合は、そのまま使うことができます。動作確認が取れているということですね。

格安SIMと一緒にセットでスマホ端末を購入する場合は、慎重に選択しましょう。おサイフケータイ対応端末を購入すれば、基本的にはサービスが利用できます。が、対応していない機種もあるので、注意が必要です。

国内メーカーのスマホなら、おサイフケータイに対応している

格安SIMと一緒に購入できるスマホには、ASUS(エイスース)やファーウェイといったメーカーが目立ちます。聞きなれない会社名かもしれませんね。

これらはアジアメーカーの製品で、おサイフケータイ機能は搭載されていません。おサイフケータイは日本国内のサービスなので、海外メーカーのスマホはおサイフケータイに対応していない、と思った方がいいでしょう。

セット購入できるスマホには、富士通やシャープなど日本国内メーカーのものもあります。「格安SIMでもおサイフケータイを利用したい」という方は、国内メーカーのスマホをおすすめします。心配な場合は、購入するときに「おサイフケータイが使えるか」確認をとっておきましょう。
格安SIMスマホセットのメリット・デメリット

おサイフケータイでできること

使い慣れるととても快適なおサイフケータイ機能。ちょっと出かけるくらいなら、スマホだけ持ち歩けばOK、という便利さが手放せません。

電子マネーでショッピング

一番よく使われる機能です。電子マネー対応のレジ、自動販売機などではスマホをかざすだけで支払いができます。わざわざお財布の小銭を探すこともなく、スピーディーで便利です。

乗車券の利用

モバイルSuicaが利用できます。電車やバス等で出かける際にスマホを利用できます。定期入れが不要になりますね。

ポイントサービス・クーポン

Tポイント、nanacoポイント、飛行機のポイントサービスなどに対応しています。お財布にポイントカードが詰まっている状態から解放されます。

使い方の注意

おサイフケータイの種類によりますが、まずはアプリのインストールが必要です。指示に沿って、会員登録やクレジットカードの登録を済ませましょう。なお、電子マネーとして利用する場合は、チャージをして残高をある程度増やしておく必要があります。

まとめ

格安SIMでも、おサイフケータイを利用できます。まずは、格安SIMをセットして使いたいスマホがおサイフケータイに対応しているかを確認しましょう。格安SIMの購入と同時に新しいスマホを選ぶ場合は、おサイフケータイに対応している機種を選びます。

docomoの電子マネーである「iD」は、格安SIMに対応したバージョンをリリースしたため、問題なく利用できるようになりました。またiPhoneでは、iPhone7シリーズからおサイフケータイに対応しています。

おサイフケータイの種類はさまざまです。利用したいおサイフケータイがある場合、不安であれば事前に確認をとっておくと安心です。

格安SIMのスマホセット – iPhoneを購入できるMVNOまとめ

 
LINEモバイル

おすすめの格安SIM

格安SIMの契約まで

申込から利用までの流れ

格安SIMの基本

用途・特徴別で探す

格安SIMの体験記

IIJmio

PAGE TOP