わかりやすい格安SIM入門

カスタマイズ性の高いMVNO – ヘヴィユーザー向けの格安SIM

2018/12/25

料金体系が複雑な格安SIM

格安SIMを選ぶときに重要なポイントのひとつ、それは料金プラン。プランの特徴によって格安SIMを決める方は多いと思います。

しかし会社によっては、プラン内容が込み入っていて理解に苦労することも。料金体系が複雑な格安SIMを調べてみました。選択の参考にしてみてください。

大手キャリアのスマホ料金は複雑でわかりにくい

大手キャリア(docomo、au、SoftBank)の料金プランに比べると、格安SIMの料金プランはシンプルです。

キャリアの料金構成は、以下のものが組み合わさっています。

  • 電話の料金
  • ネット(データ通信)の料金
  • ネット接続サービスの料金

そこにスマホ端末の代金が分割で乗っていたり、家族割などの割引が適用されていたり、不要なオプションが足されていたり…。オプションを足すことで結果的に安くなったりするので、希望していないサービスが付加されているのですね。

格安SIMの料金体系は大手に比べるとシンプル

格安SIMでは、こうしたややこしさはぐっと少なくなります。

基本的には、以下のものがスマホ料金となります。

  • プランの月額料金
  • プラスしたオプション料金
  • 利用した電話料金

格安SIMは、ネットで情報を集め、自分で選ぶことが多くなります。プランの説明や料金のしくみは、わかりにくい説明だと敬遠されることもあるでしょう。公式サイトの解説は、ビギナーにもわかるように親切に作られている場合がほとんどです。

そんな中、ある程度知識を持っている方に向けてのプランを作っている格安SIMもあります。プランが細かく、選択肢が多いことは、理解さえできれば長所になります。「ユーザーのために多様なプランを工夫した」とも言えるでしょう。

以下に、料金体系が複雑な格安SIMで代表的なものをいくつか紹介します。

U-mobile

ユーザーの使い方に合わせて多彩なプランを作っているU-mobile。6種類ものプランがあります。どのプランが自分に最適なのか、すぐにはわかりにくいかもしれません。公式サイトの「カンタン料金診断」を使って候補を絞りましょう。

6種類のプランはこちら。

  • 25GBの大容量プラン:「U-mobile MAX 25GB」
  • SoftBankのiPhone用・データ専用プラン:「U-mobile S」
  • 標準的なプラン:「U-mobile」
  • 音楽アプリのセットプラン:「U-mobile USEN MUSIC SIM」
  • iPhone用。修理交換サービス付:「U-mobile for iPhone」
  • 高速通信使い放題プラン:「U-mobile LTE使い放題」

それぞれのプランはさらに細分化されています。たとえば基本の「U-mobile」プランを見てみましょう。通話ができる「通話プラス」プランと「データ専用」プランがあり、3GB・5GBなどの容量でコースを選べます。

U-mobileの標準的な料金プラン

U-mobile 通話プラス

プラン名 容量 月額基本使用料
3GB 3GB 1,580円
5GB 5GB 1,980円
ダブルフィックス (~3GB) ~3GB 通信量1GB以下 1,480円
~通信量1GB超 1,780円

価格は税抜表示

U-mobile データ専用プラン

プラン名 容量 月額基本使用料
1GB 1GB 790円
5GB 5GB 1,480円
ダブルフィックス (~3GB) ~3GB 通信量1GB以下 680円
~通信量1GB超 900円

価格は税抜表示

ダブルフィックスとは、月の通信量が結果的にどのくらいだったか、というポイントで料金が決定されます。珍しい料金体系です。月ごとに利用がまちまちな方に適したプランでしょう。

音楽アプリが利用しやすくなっているプランや、通話料が無料になるプランは、自分のスマホの使い方が合っていれば真っ先に候補に挙げたくなりますね。

U-mobile(公式サイト)

楽天モバイル

楽天モバイルの料金プランには、「スーパーホーダイプラン」4種類と「組み合わせプラン」6種類があります。

  • スーパーホーダイプラン
    プランS/2GB、プランM/6GB、プランL/14GB、プランLL/24GBの4種類。通話SIM限定
  • 組み合わせプラン
    ベーシック、3.1GB、5GB、10GB、20GB、30GB の6種類
    それぞれ、 通話SIMプラン、050データSIMプラン、データSIMプランあり

楽天モバイルの料金プラン

スーパーホーダイ

プラン名 高速データ通信容量 月額基本料
※楽天会員適用時
プランS 2GB 1,480円
(2年目以降2,980円)
プランM 6GB 2,480円
(2年目以降3,980円)
プランL 14GB 4,480円
(2年目以降5,980円)
プランLL 24GB 5,480円
(2年目以降6,980円)

価格は税抜表示

組み合わせプラン

データSIM
(SMSなし)
050データSIM
(SMSあり)
通話SIM
ベーシックプラン 525円 645円 1,250円
3.1GBプラン 900円 1,020円 1,600円
5GBプラン 1,450円 1,570円 2,150円
10GBプラン 2,260円 2,380円 2,960円
20GBプラン 4,050円 4,170円 4,750円
30GBプラン 5,450円 5,520円 6,150円

価格は税抜表示

SMSとは、SMS(ショートメッセージサービス)のことで、電話番号を宛先に指定し、短いテキストメッセージを送受信できるサービスです。LINEなどのサービスでは、SMS認証によって本人確認が可能になります。

楽天会員だと料金が割引に

スーパーホーダイプランは、プランとしてはシンプル。ただし、楽天会員かそうでないかで料金が変わります。(月額基本料が2年間 500円割引)さらに、楽天のダイヤモンド会員となると1年目・対象月のみ500円割引が適用されます。

ダイヤモンド会員とは、過去6ヶ月の獲得ポイント数が4000ポイント以上、過去6ヶ月のポイント獲得回数が30回以上、そして楽天カードを持っている方。割引が適用されるのは最初の1年間なので、それ以降は料金が変わります。また、ダイヤモンド会員割引はスーパーホーダイだけの適用になっているので、注意してください。

多彩なオプションでさらにカスタマイズ

楽天モバイルは、オプションサービスの種類も豊富。かけ放題や留守番電話などの通話オプション、端末補償やセキュリティーパックなどサポート関連、容量追加パックなど充実しています。オプションを自由に選んで、さらに自分に合うプランを作り上げることが可能です。

楽天モバイル(公式サイト)

UQ mobile

基本の4種類のプランがあり、そこに通話サービスがついたセットプランが2種類あります。

SIMカードのみ購入の基本プランは以下の4種類。

  • データ高速プラン:月間データ容量 3GB
  • データ高速+音声通話プラン:月間データ容量 3GB
  • データ無制限プラン
  • データ無制限+音声通話プラン

セットプランは以下の2種類。料金は同額です。

  • おしゃべりプラン:月間データ容量 3GB/9GB/21GB + 5分かけ放題
  • ぴったりプラン:月間データ容量 3GB/9GB/21GB + 月最大180分の無料の通話時間

UQ mobileの料金プラン

SIMカードのみ購入のプラン

プラン名 月間データ容量 月額基本料金
データ高速プラン 3GB/月 980円
データ高速+音声通話プラン 1,680円
データ無制限プラン 無制限 1,980円
データ無制限+音声通話プラン 2,680円

価格は税抜表示

セットプラン
5分かけ放題「おしゃべりプラン」・無料通話付き「ぴったりプラン」

プラン名 月間データ容量 月額基本料金
プランS  最大3GB/月 1,980円
プランM  最大9GB/月 2,980円
プランL  最大21GB/月 4,980円

スマホをセットで購入した場合は、この料金にスマホ代金がプラスされます。

価格は税抜表示

UQ mobile(公式サイト)

まとめ

格安SIMの料金体系は本来、大手キャリアのスマホ料金よりもわかりやすくできているもの。料金プランがややこしく思える格安SIMであっても、実は大手キャリアよりもシンプルです。

たとえば、特定の機能やアプリをよく利用するなら、その機能に特化したプランを出している格安SIMを候補にあげたくなります。10GB、20GBといったボリュームのあるプランを希望する場合は、大容量プランが設定されている会社を選ぶことになるでしょう。

自分のスマホの使い方が明確であれば、それに応じたプランを選びやすくなるということです。スマホ初心者ではなく、ある程度の知識を持っている方であれば、多彩な料金プランを見極めることができることでしょう。

U-mobile(公式サイト)

楽天モバイル(公式サイト)

UQ mobile(公式サイト)

 
LINEモバイル

おすすめの格安SIM

格安SIMの契約まで

申込から利用までの流れ

格安SIMの基本

用途・特徴別で探す

格安SIMの体験記

IIJmio

PAGE TOP